近藤房之助 Official Web Site

STAFF DIARY

16/10/12

いつも拙いこのスタッフダイアリーにお付き合いくださいましてありがとうございます。
これで手持ちのネタがなくなってしまいました。
皆様、こんにちは。

それでは早速、先日のピースフルな八丈島のイベントの模様を皆様方へ。

10/2 八丈島イベント移動日
前にもご紹介させていただきましたが、すみだジャズの農山さんからこのイベントにお声がけ下さいまして、今回実現しました。
前日に八丈島に入って、レンタル機材のチェック、そしてサウンドチェックを先に済ませることに。

羽田から小一時間で八丈島着。
思ってたよりもスッと行けちゃうんですね、八丈島って。
MAZARE ISLAND JAZZ FESTIVAL。
10/1,2と二日間のイベントで、房さんの出番は二日目。
1日目のイベントが終わった後で、会場へもろもろチェックをしに行きました。

お借りするギターアンプの目盛りを記録に残し、タクシーの運転手さんに聞いたお店へレッツゴー。
八丈島は房さんにとって初めての場所ではなく10代の頃に一度来たことがあったそうで、今回二度目だそうです。
ボクはもちろん初めててで、エレナには聞きませんでしたがおそらくお初。
だって空港からちょっとテンションが高めでしたから。
まだ、空港から一歩も出てないのに
「なんかワクワクする。変なとこに遊びに行くんだったら、八丈島の方がいいですよね。」
「変なとこって、どこよ?」
「.....。お○○か、とか....。」

ですから、こっちから一切頼んでないのに男気出してご当地メニューを一発目からオーダーしてました。
八丈島を全力疾走するエレナさんでした。
これ、あしたばビールでしたっけ?

ゴクゴクいってましたね。
さらに八丈島名物のオーダーです。

随分前ですが、房さんと下北沢の居酒屋でこちらを頂く機会がありました。
房さんは、美味しい、美味しい。お前も食え。
ちょっとだけつまんで食べようとしたのですが、ムリ。
う○こ臭くて、どうしても食べられなかったトラウマがございます。

それがこの「くさや」

二人は異臭を放つこの焼き魚を「美味いっ!」「おいしーですこれ」と言いながらむしゃむしゃ食べておりました。
僕もほんのすこしだけ、一円玉の半分くらいを口にしました。
下北沢のものより、だいぶマイルドで食べられたという事実を作ったのみ。
そんな感じ。
あとは美味しい、美味しいって食べる人に食べてもらったほうが、「くさや」のためです。
美味しそうに食べるエレナさんに
「臭くないの?」
「臭みは確かにあるんですけど、その奥にある旨味のほうが勝っちゃって。美味しいですよ、これ」
彦摩呂さんの引き出しにもないようなプロっぽい食レポのコメントを頂戴しました。

この二人にかかってしまえば、もはやくさやもサザエさんの魚を食べた食後の食卓のよう。
頭と背骨と尻尾しか残ってません。
猫のタマもがっかりな、お見事な食べっぷりです。

他、とても美味しゅうございました。

10/2 イベント本番日

前日に玄関の外にあったレンタルサイクルを見て、サウンドチェックをしに向かうタクシーの車内で明日のブランチは皆んなでこれで行かないか?と、房さんが。
3人で自転車の乗って行ったら面白れーじゃん、と。
島にありがちな海岸線のアップダウンで膝がポンコツのボクは、早々に辞退。
会場への移動とか、スタッフにお手間をかけるのもなんなんで、レンタカーを借りられれば借りますよ、ボクはそれで、と。
ホテルお勧めのレンタカー屋の開店時間に電話をしてレンタカーをキープできました。
よし、これでスタッフに迷惑をかけられずに済む。

そうそう、ここ品川ナンバーなんだよね。
その写真をホテルへのアプローチの坂道でパチリ。

すると珍しいことに約束の時間より早くエレナさんが自転車でピューと降りてきました。

あれ?
言い出しっぺの房さんは?
ロビーで待ってた房さんをレンタカーに乗せ飯場へエレナを追っかけます。

あ、いた。
海岸線の一本道なんですぐに追いついてしまいます。

昨晩ホテルまで送ってくれたタクシーの運転手さんもお墨付きのお目当のお店に到着です。

島らっきょうの甘酢漬けと塩漬け。

あしたばの胡麻和え。
香りが強めの一品をお供に房さんスタート。

エレナさん、天ぷら定食。
普通。
全くもって普通。
守りに入った結果です。さもありなん。

ボクは、日替わり定食を。
お店の方へ今日の日替わりって何ですか?の質問なし、男気溢れる日替わり定食をお願いしました。
いろんなものがちょいちょい。
結果。
あたり。

そして、島寿司。
八丈島ですからね。

ひとつ食べてみて美味しい。
だから皆んなも早く食べてみなよ。
説明する房さんに食べる前に写真を撮りたいエレナ。
その対比が面白くて写真を撮ってるボク。

美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

食後、房さんの用事を果たすためにちょいと移動。
今度は房さんが自転車に乗って行くって。
「エレナ、ちょっと借りるぞ」
「だいじょーぶですかー?」
「バカヤロー!オレを誰だと思ってんだ!」
勇ましいお言葉をいただきました。

来た!

ここで重大なことに気がついてしまったんです。
それはですね、ママチャリはその人の持つオーラ的なものを殺してしまうってことを。
皆様、お偉いさんの前でのプレゼンとか、気難しい方との商談とか、その事案の前に対象のその人がママチャリを必死こいて漕いでる姿を想像してみてください。
そうすると少しはリラックスしてその場に臨めるのではないでしょうか。
どうですか、皆さん!
この発見、凄くないっスカ!

本番までそれぞれの時間を過ごします。

会場に入るとイベントも宴もたけなわ。
ホールの外でも音が鳴ってました。
ここは東京都のはずなのですが、沖縄に来てたっけ?
その場のノリでそんな錯覚を覚えてしまいました。

もろもろの段取りを最終確認しまして、いざ。

今回このイベントの話をいただいた時、せっかくお声をかけてくださったのだから、島の皆さんと一緒に何かできないだろうか、との話が起こりまして房さんに相談したところ、
「じゃ、ポンポコリンやろうよ」と。

島の小学生の皆さんと一緒にセッションをすることになりました。
本編が終了し、急いで楽屋に戻ってマジックでヒゲを描いてアンコールの「おどるポンポコリン」に臨む房さん。

小学生の皆んなも本番に向けて猛練習してくれたそうです。
皆んな、ありがとうって最後に挨拶に行ったら、「最高だったでしょー」って逆に上から被されてしまいました。
皆んな、頑張ったね。最高だったよ。ありがとう。
イベントの締めは、地元の方による八丈太鼓の演奏。

太鼓の演奏方法、音色はシンプルなだけに演者の思いが出音にモロに出るんですね。
演者の皆様、本当に素晴らしかったです。

オーラスは出演者の皆さまとの大セッション大会。

メインの八丈太鼓の皆さまももちろん参加していただきました。

なんかステージと客席と一体となって、素晴らしい空間でした。

色々な方のたくさんの想いのつまった八丈島のイベント「MAZARE ISLAND JAZZFESTIVAL」。
素晴らしいイベントでした。
参加させていただきまして光栄でした。
このような機会をいただきまして、本当に感謝申し上げます。

皆さま、本当にありがとうございました!

このイベントが末長く益々の発展を心よりお祈りしております。

追伸
この八丈島のイベントがあった日の朝、会津若松のドヤさんの訃報が届きました。

房さんと仲よかったスッよね。
ドヤさん、ちょっとさみしーじゃん。
お国言葉がディープすぎて半分以上何言ってるかよくわからなかったけど、また笑かしてよ。
離島というと前も竹富島にいた時、エリカから連絡があってタマチャールズさんが亡くなったって。
離島はゲンが悪いのかね。
房さんが言ってました。

とにかく全国の皆さん、元気でいてください。
お会いする時に会えないのは勘弁してくださいね。
そこんところマジでお願いしますよ。


Back Number

#404[17/03/15] | #403[17/03/06] | #402[17/03/03] | #401[17/02/21] | #400[17/02/16] | #339[17/02/06] | #338[17/02/03] | #337[17/02/02] | #336[17/01/30] | #335[17/01/16] | #334[17/01/12] | #333[17/01/11] | #332[17/01/05] | #331[16/12/28] | #330[16/12/22] | #329[16/12/20] | #328[16/12/15] | #327[16/12/13] | #326[16/12/12] | #325[16/12/08] | #324[16/12/07] | #323[16/12/05] | #322[16/12/02] | #321[16/12/01] | #320[16/11/28] | #319[16/11/08] | #318[16/11/01] | #317[16/10/31] | #316[16/10/27] | #315[16/10/12] | #314[16/10/11] | #313[16/10/07] | #312[16/10/05] | #311[16/09/30] | #310[16/09/28] | #309[16/09/20] | #308[16/09/13] | #307[16/09/08] | #306[16/08/16] | #305[16/08/01] | #304[16/07/29] | #303[16/07/27] | #302[16/07/21] | #301[16/07/13] | #300[16/07/05] | #299[16/07/01] | #298[16/06/30] | #297[16/06/24] | #296[16/06/15] | #295[16/06/09] | #294[16/06/07] | #293[16/05/25] | #292[16/05/16] | #291[16/05/10] | #290[16/04/19] | #289[16/04/12] | #288[16/04/05] | #286[16/03/28] | #285[16/03/23] | #284[16/03/18] | #283[16/03/16] | #282[16/03/04] | #281[16/03/02] | #280[16/02/22] | #279[16/02/19] | #278[16/02/17] | #277[16/02/09] | #276[16/02/03] | #275[16/02/01] | #274[16/01/27] | #273[16/01/26] | #272[16/01/19] | #271[16/01/06] | #270[16/01/05] | #269[15/12/21] | #268[15/12/16] | #267[15/12/09] | #266[15/12/07] | #266[15/12/03] | #265[15/12/01] | #264[15/11/30] | #263[15/11/25] | #262[15/11/23] | #261[15/11/20] | #260[15/11/18] | #259[15/11/09] | #258[15/11/04] | #257[15/11/02] | #256[15/10/30] | #255[15/10/13] | #254[15/10/08] | #253[15/10/07] | #252[15/09/28] | #251[15/09/24] | #250[15/09/14] | #249[15/09/10] | #248[15/09/03] | #247[15/08/20] | #246[15/08/17] | #245[15/08/14] | #244[15/08/13] | #243[15/08/11] | #242[15/07/23] | #241[15/07/13] | #240[15/07/10] | #239[15/07/06] | #238[15/06/24] | #237[15/06/22] | #236[15/06/18] | #235[15/06/16] | #234[15/06/10] | #233[15/06/05] | #232[15/06/03] | #231[15/05/28] | #230[15/05/19] | #229[15/05/11] | #228[15/05/07] | #227[15/04/30] | #226[15/04/20] | #225[15/04/17] | #224[15/04/14] | #223[15/04/09] | #222[15/04/07] | #221[15/04/06] | #220[15/04/03] | #219[15/04/01] | #218[15/03/27] | #217[15/03/24] | #216[15/03/10] | #215[15/03/09] | #214[15/03/05] | #213[15/03/03] | #212[15/02/23] | #211[15/02/17] | #210[15/02/16] | #209[15/02/13] | #208[15/02/09] | #207[15/02/04] | #206[15/01/26] | #205[15/01/23] | #204[15/01/21] | #203[15/01/19] | #202[15/01/15] | #201[15/01/13] | #200[15/01/09] | #199[15/01/07] | #198[15/01/06] | #197[14/12/17] | #196[14/12/16] | #195[14/12/10] | #194[14/11/27] | #193[14/11/26] | #192[14/11/14] | #191[14/11/12] | #190[14/11/11] | #189[14/11/10]

房チャンネルの日記はこちら

#188[11/02/28] | #187[11/02/26] | #186[11/02/25] | #185[11/02/24] | #184[11/02/18] | #183[11/02/17] | #182[11/01/31] | #181[11/01/11] | #180[11/01/07] | #179[10/12/29] | #178[10/12/28] | #177[10/12/27] | #176[10/12/16] | #175[10/12/09] | #174[10/12/08] | #173[10/12/04] | #172[10/12/03] | #171[10/12/02] | #170[10/12/01] | #169[10/11/30] | #168[10/11/29] | #167[10/11/19] | #166[10/11/16] | #165[10/11/15] | #164[10/11/13] | #163[10/11/12] | #162[10/11/11] | #161[10/11/10] | #160[10/11/09] | #159[10/11/08] | #158[10/11/06] | #157[10/11/05] | #156[10/11/04] | #155[10/11/02] | #154[10/10/30] | #153[10/10/27] | #152[10/10/25] | #151[10/10/22] | #150[10/10/21] | #149[10/10/20] | #148[10/10/19] | #147[10/09/21] | #146[10/09/15] | #145[10/09/14] | #144[10/08/28] | #143[10/08/23] | #142[10/08/17] | #141[10/08/16] | #140[10/08/06] | #139[10/08/04] | #138[10/07/21] | #137[10/07/14] | #136[10/07/13] | #135[10/07/12] | #134[10/07/07] | #134[10/07/02] | #133[10/06/28] | #132[10/06/21] | #131[10/06/18] | #130[10/06/17] | #129[10/06/15] | #128[10/06/14] | #127[10/06/12] | #126[10/06/11] | #125[10/06/10] | #124[10/06/09] | #123[10/06/08] | #122[10/05/21] | #121[10/05/19] | #120[10/05/13] | #119[10/04/30] | #118[10/04/27] | #117[10/04/26] | #116[10/04/20]

過去の日記はこちら